授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 資源作物学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

長野 克也
授業の目標
これまで人類は衣・食・住をはじめとする生活物資のほとんどを植物資源に依存し
てきたといっても過言ではない。また、急速にすすむ世界的規模での環境悪化や開
発途上国の経済成長による社会システムの変化に伴い、地球環境の緩和および保z
全、エネルギー確保、新たな工業原材料としての植物資源の需要も今後、さらに高
まることが予想される。さらに、戦後の作物生産は化石エネルギーと有限な天然資
源に依存して収量の飛躍的増大を達成してきたが、持続可能性や永続的農業生産か
ら見ると、資源の枯渇という問題点を包摂していることも明らかになってきた。低
投入持続型作物生産の可能性を追求することが焦眉の課題になってきた。
特論2では、低投入持続型農業の必要性と将来性に関して、世界と日本における農業
と環境問題、有機農業の歴史と現状を学ぶ。低投入持続型農業の1類型である日本に
おける焼畑農耕の現場に出向いて歴史と現状を学ぶ。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

配布した文献の予習、音読速度、書き取り能力、和訳能力の達成程度、さらにレポート
および出席状況と授業中の態度に留意すること。
学部・学科必修/選択の別
農学研究科                農学専攻                 修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成