授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 植物遺伝育種学特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

村田 達郎
授業の目標
 人類は、様々な植物種を利用することで生活を営んできた。その過程で食用とする
作物のみならず、薬用や観賞用とした植物種で人類にとって有用的な変異を見出
し、これを利用してきた経緯がある。このような偶発的な変異の検出を発端とし、
人為的な改良法が育種学として発展する一方、メンデルによって見出された法則を
基に形質発現の制御に関する論理的な展開が可能となり、遺伝学が誕生した。効率
的な遺伝的改良を実施するには、この二つの学問領域を理解した上で、遺伝的変異
を拡大した母集団を形成し、そこからいかに希望する形質を有する個体を選抜し、
固定するかが重要となる。
 特論1では、まず育種素材となる遺伝資源の探索と導入について解説する。また、
交配育種の基礎となる生殖生理学的分野(生殖様式、不和合性のメカニズム)およ
び自殖性・多殖性・栄養繁殖性植物の遺伝子型構成について解説するとともに、修
士論文で扱っている各自の実験材料について、同じような観点から論議する。さら
に遺伝的変異の拡大と選抜の基本的な手法となる@分離育種A自殖および他殖性植
物の交雑育種B栄養繁殖性植物の育種C倍数性育種D突然変異育種について解説す
る。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 本講義の基礎となる植物の遺伝学および育種学に関する基本事項を理解しておく必要
がある。また、講義内容に関連ある最先端の研究分野を各自が検索して、講義に備えて
おくことが肝要である。


学部・学科必修/選択の別
農学研究科                農学専攻                 修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成