授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 食品機能化学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

安田 伸
授業の目標
従来、食料、食品の価値は栄養と味覚や物性により評価されてきた。しかし、近年
急速な分子生物学や生化学の進歩により、食品の有する新しく、かつ複雑な生理的
機能が、食品成分の構造、化学的性質を含め、分子レベル、細胞レベル、組織レベ
ルおよび固体レベルで次々と解明されてきている。その結果、食品あるいその成分
が生体の恒常性維持、その変調の結果である発症、更に疾病からの回復あるいは老
化等、生体の生命活動に大きく関係していることが明らかにされてきた。従って、
上記の成果を基盤に健康に寄与する質の高い食品をデザインし、製造することが可
能になれば、今日問題となっている生活習慣病や食品アレルギー等の問題の解決に
寄与するものと考えられる。

 特論2では、近年の食生活にありがちな美食・偏食により生じる病気への危惧と、
食の改善によってこれを未然に防ぐことの重要性について理解することを目標とす
る。わが国および欧米の食品研究が、「食と医の境界」に踏み込むまでに至ったこ
れまでの経緯と、これまでに明らかとなってきた機能性食品因子の分類および生理
機能性について詳細を学ぶ。さらに、受講者自身が食品機能性に関する科学英文誌
についての輪読または輪講を行い、理解力およびプレゼンテーション能力を身につ
ける。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

受講態度、発表の仕方、ディスカッションでの積極性や論理的な考え方をすることが重
要である。
学部・学科必修/選択の別
農学研究科                農学専攻                 修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成