授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 生体医用工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

菊川 久夫 准教授
授業の目標
 人体を構成している各器官は、生化学的、生理学的あるいは免疫学的な機能を営
んでいる。しかし、骨、心臓、筋肉などを例に挙げるまでもなく、これらの工学的
考察なしには生体の機能を十分理解したとは言い難い。
 本授業は、工学と医学のフロンティアであるバイオメカニクスの方法論の修得を
目標とする。主に骨折とその治療、すなわち、骨の破壊・修復を題材として、ヒト
を代表とする骨組織の階層構造、破壊特性ならびに力学的適応機能について機械工
学的に検討する。また、再生医療などの最新の治療技術については、医学的側面か
ら説明する。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 材料力学、工業力学、材料学の知識が必要である。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                機械工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成