授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 カウンセリング実践論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

天賀谷隆准教授(看護学専攻)
北野庸子教授(保健福祉学専攻)
小原眞知子准教授(保健福祉学専攻)
谷口幸一教授(保健福祉学専攻)

4名の教員によるオムニバス形式の講義とする。

授業の目標
 保健福祉や看護の領域での最重要課題の一つは、対人援助技術に関わる問題があ
る。カウンセリングの理論や方法を概説するだけでなく、カウンセリングの基本で
あるクライエント・カウンセラー関係を重視し、ここで起こる心の動きや成長の過
程を考える。この講義では特定の学派に立つものではないが、重要な理論について
は紹介する。なお個人カウンセリングだけでなく、障害者の心理療法、グループカ
ウンセリングやコミュニティにいかされるカウンセリングについて、専門の先生が
講義を行う。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

テキスト、文献等は、講義時に紹介する

特に併行履修科目の指定はない。
希望者は自身の臨床経験について、整理しておくことが望ましい。

学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択
健康科学研究科              保健福祉学専攻              修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成