授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 高齢者福祉特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

中野いく子
授業の目標
 超高齢社会にむけて新たな高齢者介護システムを構築することを目的に、介護保
険制度が導入された。従来の租税方式から社会保険方式への制度転換を図るもので
あった。この「措置」から「利用契約」へと称される転換を実現するために、それ
までの社会福祉システムを抜本的に変革する「社会福祉基礎構造改革」があわせて
行われた。
 本科目では、この高齢者福祉政策・制度の大改革に至った考え方や論理を、厚生
省(現・厚生労働省)関連の公式文書(報告書や意見書、答申書、法案説明)から
学ぶとともに、討議を通じて今後の課題や高齢者福祉のあり方を考察する
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 本講義(高齢者福祉特論1・2)の担当者を、大学院の「研究指導教員」としている
学生は、必修科目である。それ以外の学生は、選択科目として履修することができる。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              保健福祉学専攻              修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成