授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 高齢者福祉特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

中野いく子
授業の目標
 この高齢者福祉特論2は、「高齢者福祉特論1」に続く連続開講科目である。こ
の科目では、新たな高齢者介護システムの構築と「社会福祉基礎構造改革」を推進
するにあたって、モデルとなったイギリスのコミュニティケア改革やドイツの介護
保険制度を取り上げて比較検討することにより、わが国の制度改革の特徴や問題
点、課題を学習することを目標とする。
 なお、韓国が日本をモデルとして、2008年7月から介護保険制度を開始している。
ヨーロッパだけでなく、アジアの諸国の動向も取り上げて、広い視野からわが国の
高齢者福祉のあり方を考える講義を行う。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 本科目(高齢者福祉特論1・2)の担当者を、大学院の「研究指導教員」としている
学生は、必修科目である。それ以外の学生は、選択科目として履修することができる。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              保健福祉学専攻              修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成