授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 アートワーク特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

松本雅之
授業の目標
本教科は、アートワークを援助技術として展開する先行的な試みの検討と分析を
い、その可能性と限界を明らかにすることを目標とする。具体的には、これらの検
討を基に、随時ワークショップ形式の講義を進める。この過程で、実現可能なアー
トワークの社会化プログラムを作成する。さらに、企画策定・資金調達・ネットワ
ーキング・組織化及び運営方法のシミュレーションの後、実際に進行中のプロジェ
クトに参画し、企画が具体化する過程での、ダイナミックな学びを体験する。
また、これらの記録を新たな視点で検討し、発展的プロジェクトにつなぐ。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

学生身らのモチベーションとアクティビティを重要視する。
教員の持つフィールドや知見を提供することで学生のクリエイティブな活動を支援した
い。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              保健福祉学専攻              修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成