授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 観光社会理論研究1−1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

本田 量久
授業の目標
 観光は、ゲスト(観光者)とホスト(観光受容者)によって成り立つが、そのあり方
は、ゲストとホストの社会・文化的様態によってさまざまな変異を生じる。その位相を
把握したうえで、観光社会理論研究は、社会組織・社会関係を中心に、現代社会におけ
る観光を分析し、その研究結果の観光産業分野への応用を目指すものである。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 近年、特にわが国では観光を主産業にしようとする行政の呼びかけに応えて、町づくり、
村づくりなど、地域活性化の運動が盛んである。本講義では、都市とは何か、集落とは何か
など、社会学上の諸理論について、学生に学修を進めさせ、社会関係についても基本的知見
と考え方を身につけさせることをねらいとする。

学部・学科必修/選択の別
文学研究科                観光学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成