授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 教育実習1
授業科目の区分 卒業単位に含まれない科目    教職・資格に関する科目
授業の目標
 教職課程で学習してきたことを現場(学校)で実践・検証・発展させる場が教育実
習である。実りある実習のためには、事前の十分な準備と事後の総括が欠かせない。
多面的・重層的・実践的な指導をめざしたい。
 実習生にとっては、不安と期待の間を揺れながら迎える初挑戦だが、取り組み方次
第では、その後の進路を決定する岐路とも、かけがえのない人生の思い出ともなるだ
ろう。
 もとより、教育実習は「受ける」ものではなく「取り組む」ものである。能動的で
集団的な取り組みをとおして、教職という専門性の土台を築いてほしい。

【授業で育成する力・スキル】
成し遂げ力(工程管理力・実行と継続力・分析と修正力)
先修条件または
他の授業科目との関連

授業要覧を参照のこと。
履修のポイント
留意事項

教育実習はまさに教職課程の“仕上げ”である。実際の学校と生徒を前にしての教育実践
であり、修得すべきことは多い。一歩一歩の積み上げあってこそ達成できる。終始、挑む
姿勢でのぞんでほしい。

※高等学校教諭一種免における実習
全授業時間60時間中、授業参観20時間、授業担当40時間のうち研究授業1時間
特別活動の参加・指導、学級運営の参加、放課後の研究指導

学部・学科必修/選択の別
農学部 随意(卒業単位に含まない)
基盤工学部 電気電子情報工学科 随意(卒業単位に含まない)

2015/09/10 15:49:27 作成