授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 文明理論演習2−2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

中川久嗣
授業の目標
 文明研究専攻では、世界の各地域の個別的な文明について、歴史的、文化的、社
会的その他のアプローチから考察を進めるのであるが、そういった個別の文明につ
いての具体的事象研究と同時に、人間の文明一般についての理論的考察が必要不可
欠である。過去から現在まで時代や地域を問わず、文明というものの姿を的確に捉
えるには、はたしてどのような視点から、そしてどのような方法でアプローチすべ
きなのかといった理論的・方法論的な基礎づけが必要なのである。また文明研究が
単なる過去の考察にとどまらず、現在あるいは人間の未来に対して意義を持ちうる
ためには、今現在の文明の姿を把握し、さらにはわれわれはどのような文明を目指
すべきなのかといった思想的な視点も必要である。この授業では、文献(テクス
ト)を設定して講読したり、いくつかのテーマについて学生にプレゼンテーション
してもらったり討議を行ったりすることで、文明研究のための理論的な基礎づけに
ついて考察を進める。


成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 文明研究専攻の授業は、学生が自分の興味関心に合わせて、系統だった履修を連続的
に可能にするために、毎学期同系列の授業科目のナンバーを変えながら開講されます。
したがって「文明理論研究」「文明理論演習」ともに、その学期に開講されるナンバー
の科目と開講されないナンバーの科目があります。時間割表でよく確認したうえで、そ
の学期に開講されるナンバーの科目を登録するようにして下さい。開講されるナンバー
の科目の内容については、学期はじめのガイダンスやシラバス「詳細」、そして開講時
の最初の授業の際に、さらに具体的な説明を行います。
学部・学科必修/選択の別
文学研究科                文明研究専攻               博士課程前期 選択

2015/09/10 15:49:56 作成