授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 現代文明論演習1−2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

担当者:未定
連絡先:文学研究科文明研究専攻事務室
授業の目標
 現代の人間は、グローバル化したひとつの大きな文明の中で、好むと好まざると
にかかわらず、さまざまな形で生活し、そして活動を行っている。こうした動き
は、それぞれ固有の歴史を歩んできた世界の諸文明が、近代以降、西洋文明の拡大
の動きに半ば巻き込まれる形でひとつの巨大な文明を形成する方向へと進んできた
結果であった。知や文化や科学技術は急速な速度で進展し、人間に大きな恩恵をも
たらしているが、その一方で、文明による自然支配のひずみ、環境破壊、ゆがんだ
エネルギー問題、核兵器、民族や国家の間の紛争、経済格差、政治的抑圧、文化的
差別、その他あげればきりがないほどの問題も次々と生じている。文明研究専攻で
は、そうした現代文明の諸問題について、歴史的な考察から人間の未来のあり方ま
で、さまざまな視点から考察を加え、分析を重ね、そしてその解決の糸口を見出そ
うと試みてゆきたい。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 文明研究専攻の授業は、学生が自分の興味関心に合わせて、系統だった履修を連続的
に可能にするために、毎学期同系列の授業科目のナンバーを変えながら開講されます。
したがって「現代文明論研究」「現代文明論演習」ともに、その学期に開講されるナン
バーの科目と開講されないナンバーの科目があります。時間割表でよく確認したうえ
で、その学期に開講されるナンバーの科目を登録するようにして下さい。開講されるナ
ンバーの科目の内容については、学期はじめのガイダンスやシラバス「詳細」、そして
開講時の最初の授業の際に、さらに具体的な説明を行います。
学部・学科必修/選択の別
文学研究科                文明研究専攻               博士課程前期 選択

2015/09/10 15:49:56 作成