授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 修士論文
授業科目の区分 大学院科目    最終審査及び試験
担当教員名及び
連絡先

莵原卓、金沢百枝、栗原涼子、田尻祐一郎、中川久嗣、
平野葉一、吉田欣吾
授業の目標
修士論文は各自のテーマに即して、研究指導教員教員のもとで、適切な指導を受け
ながらも、主体的に作成するものである。修士論文には学術論文としての水準が求
められるので、普段の勉強の中で、自らが立つ分野のみならず、隣接する分野から
も貪欲に吸収し、自らの方法論を鍛える必要がある。そして、提出された修士論文
に対しては、研究テーマに関連する先行研究に関する十分な目配りや、用いる資料
の的確な吟味、論文としてのオリジナリティなどが厳しく問われる。提出された論
文については、研究専攻内で口頭試問が実施され、修士論文としての可否が検討さ
れる。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

修士論文の成績評価は、提出された修士論文の内容及び口頭試問の結果による。
指導教員との連絡を絶やすことなく、修士論文執筆のための指導を充分に受けるように
心がけて下さい。
学部・学科必修/選択の別
文学研究科                文明研究専攻               博士課程前期 必修

2015/09/10 15:49:56 作成