授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 西洋史学文献研究C−2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

篠崎三男・金原保夫・鍋谷郁太郎・三佐川亮宏
今年度の開講の有無及び担当教員については「シラバス(詳細)」
をご覧下さい。
授業の目標
 「西洋史学文献研究」の授業は、ヨーロッパとその関連地域の歴史を国内外の研究
文献の精読とオリジナルな史料の読解に基づいて考究する科目である。西洋史の範
囲は、地理的にも時代的にもきわめて広範であるが、本専攻では特に西ヨーロッパ
(ドイツ、フランス、イギリス)と地中海世界の歴史を重視している。授業担当者
はそれぞれの研究領域でもっともアクチュアルな問題を取り上げ、関連する最新の
研究文献を精読することによって、国内外の研究動向の把握と新しい研究方法の摂
取を目指している。
 受講者はこの授業を通して、それぞれの研究に必要な外国語の読解力の向上に努
めてもらいたい。その基礎の上にオリジナルな史料の分析にも踏み込み、各自の研
究の質的な発展を追求することが目標となる。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 @この授業は外国語文献の読解を中心に進められる。したがって、受講者は英語だけ
でなく、必要に応じてドイツ語、フランス語、さらには、ギリシア語・ラテン語の基礎
的な読解力が求められる。
 A受講者はテキストの事前学習を励行し、関連事項の下調べを済ませて授業に取り組
むことが期待される。
 
学部・学科必修/選択の別
文学研究科                史学専攻                 博士課程前期 選択

2015/09/10 15:49:56 作成