授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 心理学研究法特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

佐藤 寛之
授業の目標
 心理学の研究方法を、事例的研究法と統計的研究法そして実験的研究法などに大別す
ることができる。それらのそれぞれについて、その方法と意義・特徴、長所と短所など
を、具体的な研究事例に即して検討していく。修士論文の研究計画を立て、研究を遂行
していくために必要な基本的な視点と技術を身に付けることを目標とする。


成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

修士論文へ向けて、研究法の基本的な素養を身につけるために役立つ科目である。早い
段階で履修しておくことが望まれる。臨床心理士の受験資格を得ようとする場合、選択
必修のA群科目としてもうひとつの科目「心理統計法特論」とあわせて、どちらかあるい
は両方を履修しておく必要がある。
学部・学科必修/選択の別
文学研究科                コミュニケーション学専攻         博士課程前期 選択

2015/09/10 15:49:56 作成