授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 カウンセリング研究実習
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

教 授 芳川玲子
授業の目標
カウンセリングは言葉のみならず、言語的、非言語的のあらゆる方角に注意をはら
いつつ進む作業である。この授業は、以上のことをふまえ、 カウンセリング過程
の理解を深め、援助技法の幅を広げることが目標である。授業の中心はスーパービ
ジョンである。文献やVTRに基づく事例研究、スーパービジョン事例のグループ討
議、ロールプレイングの逐語記録や録音テープをもとにしたグループスーパービジ
ョン、そして担当事例のスーパービジョンなど多様な構成で臨みたい。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 グループ討議や助言指導に先立って、カウンセリング実践や逐語記録作成など各自
の事前準備が不可欠である。個人スーパービジョンに備える面接事例は、数例が求
められる。取り扱う事例によっては、守秘義務が課せられる。授業中に知りえた情
報について、他へ漏らすことのないように十分な注意が必要である。
学部・学科必修/選択の別
文学研究科                コミュニケーション学専攻         博士課程前期 選択

2015/09/10 15:49:56 作成