授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 国際経済・経営研究A1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

岩谷昌樹
授業の目標
本講義では、企業がグローバル化するに当たっての特質や課題について検討するこ
とを通じて、自身の研究テーマにおける問題意識といかに関連するかを見出すこと
を目標とする。
例えば、世界は異文化を受け入れられる領域と、そうではない領域に分かれる。
グローバル化と言っても世界の半分でしか、それは進んでいないことを示した著書
に『レクサスとオリーブの木』(Friedman,T.L.著/翻訳書 2000年、草思社)
がある。
そうした世界において、異文化の許容のカギを握るのは「ソフトパワー(自分たち
が欲しがるものを相手にも欲しいと思わせる力)」というキーワードである。
例えば、こうしたキーワードから企業がグローバル化できる可能性を探っていくこ
とが本講義の狙いとするところである。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

履修者には毎回発表を求めるので、詳細な予習が必要である。

また、定期的にレポート課題をかすので、それまでの学習の復習と、それらの学習内容
を自ら解釈し、応用できる能力の形成に努めてもらいたい。

学部・学科必修/選択の別
経済学研究科               応用経済学専攻              博士課程前期 選択

2015/09/10 15:49:56 作成