授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 行政法第二特講2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

玉巻弘光 教授


授業の目標
  法学部レベルの行政法の講義を履修し一定水準の知識を有していることを前提に、行
政法の基本的かつ重要な論点について、できる限り多くの主要論文を講読し、そのこと
によって、現実の社会において生起している様々な行政法にかかわる事象について、行
政法学的視点から問題点を抽出し、法律家のようにその検討を行う基礎的能力を養うこ
とを、この講義の目標としたい。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 法律学が社会事象を対象とする学問であることから、それに臨む態度如何では、問題
追求の方法の誤りを犯す危険が小さくない。法律学の視点から常に物事を捉えるという
ことに配慮しつつ、それと同時に他の視点からの物の見方もあるということ常に意識し
て議論を重ねることが重要である。
学部・学科必修/選択の別
法学研究科                法律学専攻                博士課程前期 選択

2015/09/10 15:49:56 作成