授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 修士論文
授業科目の区分 大学院科目    最終審査及び試験
担当教員名及び
連絡先

河野孝博 教授、滝波重人 教授、吉村維元 准教授、
池村明生 教授、申 珠莉 教授
戸谷毅史 教授、渡辺哲生 教授

授業の目標
 美術学およびデザイン学を学ぶ学生全員が、各自が設定した研究テーマを、論文または研究
レポートと作品の形式で完成させるものである。入学して最初の学期末に、各自のテーマと
研究計画書を提出し、さまざまなアプローチの仕方で研究に取り組むことになる。各学期ご
とに開催される研究発表会における口頭発表では、研究指導教員のほか、出席している他の
教員および学生からの質問や意見を参考にして、さらに研究を深め、論文または特定課題の
研究成果(作品制作等)と研究レポートの完成を目指すことになる。

成績評価の方法
研究科の複数教員による論文の査読、および特定課題の研究成果(作品制作等)の審査の結
果で評価する。

履修のポイント
留意事項

学期ごとに開催される研究発表会は、両専攻の教員および学生全員が参加するものである。各自
の研究経過を口頭で発表するが、限られた時間で内容を的確に他者に理解させると同時に、議論
を深め研究を進展させるための訓練の場である。全員必ず出席すること。

学部・学科必修/選択の別
芸術学研究科               造型芸術専攻               修士課程 必修

2015/09/10 15:49:56 作成