授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 レーザー物理学特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

128597:山口 滋
授業の目標
レーザー物理学特論では,学部時代のレーザー物理学で修得した一般原理がどのよう
に実際の装置に応用されているか、あるいは応用するべきかを理解する.各種レー
ザー装置について、研究室のレーザー装置を参考にしながら理論と実際の装置を比較
してゆく。また、物質とレーザーの相互作用について、研究でどのように応用されて
いるか検討する。
(1)レーザー発振器の原理を理解する.
(2)レーザー装置の実際と種々のレーザー媒質について理解する.
(3)レーザー加工や応用計測の原理について理解する.
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

本講義に限らず,大学院では専門性の高い講義が多くなる.時間をかけて理解される
ことを期待する.また,質問については,授業内や授業終了時に積極的に行って欲し
い.授業時間外での質問は,研究室にて受け付ける.
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                物理学専攻                修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成