授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 地球気候力学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

072352:三村 和男
授業の目標
「地球気候力学」とは、
地理学用語として親しまれてきた「気候」を「気象学」の発展形である「地球流体力
学」の立場から捕らえ直したものである。「地球規模の流体力学」の理論的枠組み
を、様々なスケールでの時間的平均状態の理解に適用しようとする新しい研究分野で
ある。
 従って、ここで言う「気候」とは、時間的にも空間的にも変化するものであり、い
わゆる「気候変動」のメカニズムを、地球システムの内部力学として理解しようとす
る概念である。

1.専門分野の理解力:地球規模の流体現象の本質を理解できる
2.科学的で総合的な思考力:討議力を身につける
3.実践力:気候変動解析への応用ができる
 
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

英語教材を利用して気象力学の基礎理論から勉強を始める。
単なる講義科目ではなく、学生との討論を中心とした授業を進める。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                物理学専攻                修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成