授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 スポーツ方法学特別実習
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

栗山 雅倫
授業の目標
スポーツ方法学の研究方法や研究対象・研究領域は、非常に広範囲にわたっている。
付随して研究手法も多岐にわたり、多角度での検討が重要な課題となっている。
したがって、本講義においては、スポーツ方法学領域の原著論文(和文、英文)を読む
ことや、模擬実験などを通し授業を進め、スポーツ方法学的研究の手法やその問題
点について討議し、スポーツ方法学的研究の手法や狙い・論文構成について理解を深
めることを狙いとして行う。
また、スポーツ科学と実践とのありようについても討議を深めていく。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 本授業は演習形式をとっており、参加がベースとなった主体的な取り組みが必須条件
となる。
 したがって責任を持って出席することを求める。
学部・学科必修/選択の別
体育学研究科               体育学専攻                修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成