授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 量的研究方法論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

松木秀明 錦戸典子 池内眞弓
授業の目標
本授業の目標は、各専門領域で情報処理・医療統計学の専門知識をもち、統計的な
見方・考え方のできる大学院生を養成することである。現代の医療分野においては
多くの調査・検査結果がコンピュ−タから出力され、これらの数値をもとに、様々
な医療計画が作成されている。 本授業では、量的データの整理の手法、統計的・科
学的判断の手法を講義とコンピュ−タの演習を通じて学び、研究論文のクリティ−
クや論文作成にあたって寄与できる能力を身につけることを目的とする。大学院生
として質的研究を行う予定の院生も、是非、量的研究におけるものの見方・考え方
を学んでいただきたい。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

授業への出席、毎回の課題についてコンピュ−タを用いて、統計的に処理し、提出期限
までにメ−ルで提出すること。成績評価は出席(30%)と課題の提出内容(70%)によっ
て、総合的に評価する。

学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 必修

2015/09/10 15:49:56 作成