授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 母性看護学特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

横山 寛子 石井 美里

授業の目標
少子化、高齢化の社会の中で、母性看護学の役割は周産期のみならず女性のライフ
サイクル全てにその支援の幅が拡大している。そこで、本科目では、女性のライフ
サイクルにおける健康に視点をおいて、リプロダクティブヘルス・ライツ、生殖医
療の発達に伴う問題、少子社会と出産・育児の問題、若者の性行動、中高年女性の
健康問題などを探求することによって、生涯を通じた女性とその家族を支援するた
めの理論と実践を学修する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

自己の探究したい課題を持って参加することが望ましい。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成