授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 遺伝看護学実習2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

横山 寛子
授業の目標
講義や演習で学んだ理論や知識をエビデンスに基づいて統合させ、遺伝に関連して
複雑な問題をもえつクライエントおよび家族に対し、遺伝看護を専門する看護職と
して、高度な専門知識と判断力、熟練した技術を用い、倫理観に基づく質の高い看
護を実践する基本的な能力を養う。
1)遺伝に関連して複雑な課題をもつクライエントおよび家族に対して、専門知識
 を基盤とし、高度な看護を実践することができる。まずは、フィールドにおいて
 遺伝看護の視点から介入の必要性を見出し、分析を行うことができる。
2)クライエントおよび家族に対し、倫理的判断に基づく態度で行動することがで
 きる。
3)遺伝看護領域を専門とする看護職としての役割機能に関する学習を深め、遺伝
 に関連した課題をもつクライエントおよび家族、さらに看護職者を含むケア提供
 者、組織に対しその意図をふまえて指導者の実践場面を見学し、その一部に参画
 できる。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

1)履修のポイント
  @遺伝看護実習1を先行履修する。 
 A本科目の履修は遺伝看護実習1と重複する、3あるいは4セメスターで履修を行 
  う。   
 
2)留意事項
   遺伝看護学専門看護師の取得を目指す者は、必修科目である


学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成