授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 クリティカルケア看護学援助論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

小島善和 沓澤智子 井上玲子 佐藤幹代
授業の目標
クリティカル状況にある患者と家族を対象に、心身統一体として援助対象を捉える
とともに、援助的関わりについて理論およびモデルを用いて探求する。クリティカ
ルな状況にある患者の特徴的な機能障害や健康上の問題への援助的かかわりについ
て、最新の知見も含めながら、理論およびモデルを用いて探求する。
目標
@クリティカル状況にある患者の苦痛緩和に活用できる理論や概念の有用性を探求
する。
Aクリティカルケアに適用できる援助技術について、その原理、方法、評価を探究
する。
Bクリティカル状況下での家族への支援方法について検討する
C科学的根拠に基づいた新たな援助技術を開発するための方法について検討する。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

授業の進め方
 ゼミナール形式による授業を行うので、あらかじめ示された課題について、事前準備
を整えて参加すること。授業の討議には、積極的に参加すること。
成績評価の方法:         
成績評価については、下記のとおりの基準と配分より行う。
1.各授業の参加状況                          30%
2.課題に対するプレゼンテーション(資料の作成過程および資料内容等)  70%
 尚、出席が3分の2以上に満たない場合は、単位の取得は不可とする。

学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成