授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 がん看護援助論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

庄村雅子 佐藤幹代 岡部明子 中島恵美子
授業の目標
【授業要旨または授業概要】
がん看護の特定領域である化学療法看護における看護実践を通じて、セルフマネジメントを
支え、生活の質を高める全人的看護実践モデルを作成し、がん看護専門看護師の役割機能に
ついて考察する。特に、がん化学療法における、有害事象のアセスメント、セルフモニタリ
ングや症状緩和の患者教育と自己管理支援における専門的な看護介入方略の立案と評価法の
検討を行う。

【育成する力】
がん看護専門看護師としての自身のサブスペシャリティを保持し、高度実践スキルを発揮す
る方略を考える力がつく
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

1.「がん看護援助論1」を履修しておくこと。
2.履修予定者は,がん看護領域のサブスペシャリティについての事前学習を本科目が教授する
化学療法看護及び自身の専門との双方につき主体的に進める。
3.がん看護専門看護師としての実践を意識し,実習で活用できる看護支援方略を作成する。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成