授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 コンサルテーション論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

吉川隆博 福嶋好重 近藤まゆみ 野末聖香
授業の目標
患者や看護師が直面する課題や困難に対して直接的に関与し、問題解決のプロセス
を共有し、必要に応じて間接的で有効な援助が行われるための資源として活用され
るようなコンサルタントの位置を明確にし、看護の戦略的な全体計画や、患者ケア
のプログラム全般を把握できるようにする。さらに、これらの利害からは一定の距
離を保つような社会性と専門性の訓練を行うと同時に、患者ケアの質改善のため
に、看護に関する全般的なクオリティ向上を確保するための患者−看護師関係にお
ける心理的なプロセスを重視した、看護カウンセリングの技術を習得することをめ
ざす。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

1)講義を中心に進めるが、授業に際しては活発な質疑応答を期待する。
2)成績評価は、授業への参加状況とレポートによる。
3)最終的なレポート課題は第一回の授業時に渡す。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成