授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ゲノム科学特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

星 良和
授業の目標
 本特論では、細胞遺伝学ならびに分子遺伝学の基本概念に基づいて得られた現象や
重要な知見を学ぶ。また、近年塩基配列決定スピードの飛躍的な向上により、ヒトや
イネを含めた主要生物のゲノム解読について解説し、新たに得られたゲノム構造の知
見についても紹介する。さらに、染色体の高次構造がもたらすエピジェネティックス
や遺伝子ネットワーク機能の包括的解明を目指すオーミックスなどポストゲノム研究
の新展開についても学習する。
 ゲノム科学特論1では、原核生物および真核生物がもつ細胞遺伝学的特徴と相違
点、および動物(哺乳類)および植物(種子植物)がもつ細胞遺伝学的特長と相違点
を理解する。また、in situ ハイブリダイゼーションやマイクロダイセクションなど
を利用した染色体研究の新たなアプローチに必要な、各種分子生物学的手法の
原理を理解する。


成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

基礎知識として、遺伝学や生化学に関連する講義内容を十分に理解しておくこと。
学部・学科必修/選択の別
農学研究科                農学専攻                 修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成