授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 動物遺伝繁殖学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

  河原崎 達雄

授業の目標
 近年、畜産関連分野において、遺伝子工学、細胞工学、発生工学等の基礎的知見
を応用し、家畜の品種改良、遺伝病の治療、生体成分の生産等に利用しようとする
技術開発が行われている。動物の繁殖学分野では、人工授精、胚移植、体外受精、
雌雄の産み分け、体細胞クローン、ゲノム編集などの技術が開発され、実際に動物
生産や遺伝資源保存等に活用されている。これらの動物繁殖分野で開発された技術
は、ヒトの生殖医療にも取り入れられるとともに、動物繁殖分野で学んだ技術者が
ヒトの生殖医療で活躍している。
  本科目では、受精およびその前後に起こる現象ならびにそれらのメカニズムを理
解する。また、動物繁殖に関連する新しい技術を学び、その課題や可能性について
考察する。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

  出席を重視し、授業中の活発な議論を期待しています。特定の教科書は使用せず、文
献等を指定するので予習しておくこと。

学部・学科必修/選択の別
農学研究科                農学専攻                 修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成