授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 植物栄養学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

 井上 興一
授業の目標
 我々が存在している宇宙は、ビッグバンより始まったと言われている。最初は陽
子と若干のヘリウムおよび光子があったと考えられているが、その後の恒星による
核融合で様々な無機元素が創り出された。地球は、これら恒星が創り出した無機元
素が集積したものであり、原子番号がウランより小さい90元素より構成されてい
る。一方、太陽は核融合によるエネルギーを主に光として地球に届けている。地球
に普遍的に存在する無機元素と太陽由来の光エネルギーを巧みに利用して、生物に
必要な有機物を合成する植物の知恵がいかにすばらしいものであるかを認識させ
る。さらに、人間はその人口の増加と共に効率的な食料生産技術を開発してきた。
このことが特定の元素を狭い地域に集積させ、また自然に存在しない毒性のある難
分解性化合物を環境中にばらまき、生態系を大きく乱してきた。持続的で環境に負
荷の掛かりにくい農業のあり方について、皆さんにと共に考えてみる。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 主に、光合成を中心とした植物の種々の代謝を無機栄養面から解説するものであり、
無機元素および有機・無機化合物に関する基礎知識を習得していることが望ましい。

学部・学科必修/選択の別
農学研究科                農学専攻                 修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成