授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 動物疾病学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

 乗峰 潤三
授業の目標
 動物を生産する上で動物の保持している能力を十分に発揮させるためには、各種
疾病に罹患させないことが需要である。
 動物疾病の原因ないし種別には、病原体の感染に起因する各種の感染症、寄生虫
による病気、栄養障害に基づくもの、代謝障害およびその他による疾病など多種多
様であるが、本特論では一旦発生すると甚大な被害を招く伝染性疾病について学ぶ
こととする。
 すなわち、病原体(ウイルス,細菌,原虫,リケッチア等)、疫学、感染と発
症、診断、免疫、予防等に関し総論的に解説する。各論では牛、豚、鶏、馬等の主
要な感染症について、集団衛生ならびに公衆衛生の観点から、特に最近問題となっ
ている疾病について説明する。


成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 特定の教科書は使用せず、文献等を指定するので、予習しておくこと。
学部・学科必修/選択の別
農学研究科                農学専攻                 修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成