授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 理工学英語特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

サバウ ソリン
授業の目標
コンピュータやインターネットの発達により、理工系研究者も英語でコミュニケー
ションを図る場面が急速に増えてきている。海外だけでなく国内の理工学系ジャー
ナルの英文論文数の増加も近年顕著であることも、英文による研究成果の発表の重
要性を反映するものであろう。さらに国際学会や研究開発プレゼンテーションの場
でも英語によるコミュニケーションは不可欠となっている。これらのニーズを踏ま
え、各学生の専門分野を加味しつつ、専門用語の学習、論文や報告書などの読みこ
なし、英語によるプレゼンテーションの習得を目的とする。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項


・教科書は使用しない。配布プリントを教材として用いる。

・15〜16万語以上収録の英和辞書を使用する。

・インターネットからの文献検索、Power Pointを用いたスライド作成などを行うので、
パソコンの使用頻度は高いことに留意。

学部・学科必修/選択の別
理工学研究科               環境生物科学専攻             修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成