授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 海洋人類学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

川崎一平、小野林太郎、小林孝広

授業の目標
本講義では、人類史における海洋適応の意義を理解し、人類の現在を総合的に検討す
る力を養うことを目標とする。前半部では、(1)自然人類学・考古学の研究成果を
踏まえ、先史時代を中心とする人類の進化と海洋適応の過程と、(2)オーストロネ
シアによる海洋適応の問題を、人類学における基礎的方法論や概念を紹介しつつ解説
する。後半部では、文化人類学の研究成果をもとに、(3)東南アジア海域、および
(4)オセアニアにおける事例研究を解説することで、アジア・オセアニアという海
域世界へ進出した人類の現在について講義する。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

この科目は、海洋学専攻の海洋人間圏分野に関連するものであるが、海洋人間圏分野以外
を専門とする学生は、自らの専門の枠を広げる意味で積極的に履修することを望む。ま
た、海洋人間圏分野を専門とする学生は、他分野との関連を常に探りながら履修すること。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋学専攻 修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成