授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 海洋ガバナンス特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

山田吉彦
授業の目標
本講義では国連海洋法条約のもとに進められている国際的な海洋政策の事例研究を行
うと共に、その施策が国際社会に果たしている役割を検証する。また、その中で国際
海事機関(IMO)の果たし役割を検証し、国家の枠を超えた海洋ガバナンスについて
考える。その他、海洋紛争、環境問題、海洋資源開発等の視点からのアプローチを行
い海洋ガバナンスの理想像を受講生自らが考える授業とする。また、日本の海洋ガバ
ナンスについて、事例研究を行うと共に他国の事例との比較研究を行い、日本の海洋
ガバナンスに潜在する問題の解決の一助となるような理論構成を探る。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

この科目は、海洋学専攻の海洋人間圏分野に関連するものであるが、海洋人間圏分野以外
を専門とする学生は、自らの専門の枠を広げる意味で積極的に履修することを望む。ま
た、海洋人間圏分野を専門とする学生は、他分野との関連を常に探りながら履修すること。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋学専攻 修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成