授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 分子細胞生物学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

小倉光雄
野原健司
授業の目標
分子生物学は多様な生命現象を、生体分子のふるまいから理解しようとする自然科学である。その発展によ
り、細胞レベルの生物学もタンパク質やDNAの振る舞いから理解できるようになり、両者は融合しつつある。
すなわち、分子細胞生物学は、生物は非常に多様であると同時に、遺伝現象や代謝回路などのしくみは驚くほ
ど共通部分が多い事を明らかにした。このことは、地球生命進化における基本的な単系統性を反映している。
講義では、このような生物多様性と、生命現象に共通する仕組みの双方を理解する事を目指す。基礎的知識の
理解と同時に先端分野に関する話題も取り上げたい。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

この科目は海洋学専攻の海洋生命圏分野に関連するものであるが、海洋生命圏分野以外を専門とする学生は、自ら
の専門の枠を広げる意味で積極的に履修することを望む。また、海洋生命圏分野を専門とする学生は、他分野との
関連を常に探りながら履修すること。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋学専攻 修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成