授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 海洋生物化学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

齋藤俊郎
齋藤寛
授業の目標
生命現象を理解するためには、化学的観点で物質の変化をとらえる必要がある。生体の主な構成成分は、脂
質、糖質、核酸、アミノ酸などの一次代謝産物である。また、それらの複合体としてのタンパク質、酵素等の
高分子やテトロドトキシン・シガトキシンなどの二次代謝産物は多様な生理活性を有している。本講義では、
一次代謝産物の構造、生合成ならびに生理的役割について、最新の分子レベルでの知見を紹介する。また、生
物が生命活動を維持する際の代謝の仕組みや微量で強い生理活性を有する二次代謝産物についても原著論文を
交えながら解説する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

この科目は海洋学専攻の海洋生命圏分野に関連するものであるが、海洋生命圏分野以外を専門とする学生は、自ら
の専門の枠を広げる意味で積極的に履修することを望む。また、海洋生命圏分野を専門とする学生は、他分野との
関連を常に探りながら履修すること。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋学専攻 修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成