授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 水族生理学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

庄司隆行
鈴木伸洋
授業の目標
水族の多くの種は、水圏のきわめて多様な環境に巧みに適応して様々な生理機能を発達させている。一般的な
動物生理学を学んだ後、水族の生理についての知識を得ることは、動物界全体の生理を理解するために不可欠
であると言える。本講義では、主に魚類と水生無脊椎動物の恒常性維持のための内分泌系・神経系による種々
の調節機構、感覚の情報変換および処理機構、記憶などの中枢神経系における重要な神経生理機構等につい
て、実際の研究例を引用しながら解説する。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

この科目は海洋学専攻の海洋生命圏分野に関連するものであるが、海洋生命圏分野以外を専門とする学生は、自ら
の専門の枠を広げる意味で積極的に履修することを望む。また、海洋生命圏分野を専門とする学生は、他分野との
関連を常に探りながら履修すること。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋学専攻 修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成