授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 浮遊生物学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

松浦弘行
授業の目標
浮遊生物は海洋生態系の基礎―低次生産を担う、多様な分類群が含まれる生物群である。本特論では浮遊生物
の分類・生理・生態・生活史を学び、水圏生態系における浮遊生物の機能や種多様性、人間活動との関わり
(赤潮に代表される大発生や移入種の問題)等について理解を深める。また、海洋の表層と中深層における物
質循環を理解するために、浮遊生物の鉛直分布や季節的な変動、生物生産、海洋環境との関連性を考察する知
識を習得する。浮遊生物の調査・解析手法を学ぶために、担当教員による講義や、受講者による書籍や文献の
講読・議論等を行う。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

この科目は海洋学専攻の海洋生命圏分野に関連するものであるが、海洋生命圏分野以外を専門とする学生は、自ら
の専門の枠を広げる意味で積極的に履修することを望む。また、海洋生命圏分野を専門とする学生は、他分野との
関連を常に探りながら履修すること。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋学専攻 修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成