授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 海洋エネルギー工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

田中博通または砂原俊之
授業の目標
海には、風、波、流れ、潮汐や温度差等に起因する定常的に補充される再生可能エ
ネルギーと、石油、メタンハイドレートなどに代表される海底鉱物等の枯渇性エネ
ルギー資源がある。本講義では、再生可能エネルギーによる潮汐発電、潮流発電、
波力発電、海洋温度差発電、海洋濃度差発電、洋上風力発電について、それぞれの
エネルギーから電力に変換する基本的な原理と国内外の現状を詳述する。さらに海
洋を再生可能エネルギーの活用という視点から、将来のエネルギー問題について考
え、実行するために有益な知識を教授する。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

この科目は,海洋学専攻の海洋地球圏分野に関連するものであるが,海洋地球圏分野以
外を専門とする学生は,自らの専門の枠を広げる意味で積極的に履修することを望む.
また,海洋地球圏分野を専門とする学生は,他分野との関連を常に探りながら履修する
こと.


学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋学専攻 修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成