授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 応用物理化学特論3
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

功刀 義人 准教授

応用化学第3研究室
授業の目標
 有機半導体は新しい半導体材料として、近年様々な産業に取り入れられている。
有機半導体とは主にπ共役系の有機化合物であり、近年では太陽電池、センサ、有機
EL、有機トランジスタなどへの応用が検討されている。本講義では、有機半導体の
電荷移動課程や発光メカニズム、化学ドーピングなど有機半導体の基礎物性に関す
る講義を行った後に、種々の有機デバイスの作製法、応用例、評価法などについ
て、詳しく解説を行う。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 この講義を受けるために,物理化学、有機化学の基礎を理解していることが望まし
い。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                工業化学専攻               修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成