授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 応用生物工学特論4
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

松下 操 教授

湘南校舎17号館2階17-207研究室(内線4178)
授業の目標
 生物は様々な病原体の脅威に晒されており、生体を正常に維持する為には侵入し
てきた病原体に対する防御システムが不可欠となる。巧妙に作られた生体の防御
システムは免疫系と呼ばれ、その仕組みを解明する学問が免疫学である。免疫学
は生物化学、微生物学、分子生物学などの学問の上に成り立っている。本特論で
は、「自然免疫」と呼ばれる感染初期の免疫を中心に免疫学を講議する。講議を
通して、生命現象の一つである免疫系を分子のレベルで理解することを目標とす
る。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 本講議では、参考図書などの資料をもとに履修者が発表をする演習を少なくとも1回行う。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                工業化学専攻               修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成