授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 固体力学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

島崎 洋治 教授

授業の目標
 固体力学特論では微分方程式を解くための数値解析法のひとつである有限要素法
を通じて固体力学を学習します。授業ではExcell VBA を使用して実際に数値計算プ
ログラムを作成し、工学問題として重要な、ねじり、浸透流、熱伝導問題や二次元
弾性問題などを解析してみます。 
 各種の工学問題を支配するポアソンやラプラスといった基礎方程式の性質を理解
しておくことは技術者として重要な事項です。またこれらの方程式に対する数値解
析法の原理を理解し、答えを導けることは各種の工学問題の解決に柔軟に対処でき
る技術者になるために必要なことです。
 この授業では数値解法としての有限要素法の基礎を理解すること、および解析プ
ログラムを操作して実際に問題を解析し、結果の妥当性を判断する能力を養うこと
などを目標とします。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 計算工学特論を履修していることが望まれます。数値解析の基本を理解し、実際にプ
ログラムを組んで結果を導いてみることが大切です。レポートの課題と丁寧に取り組む
ことが重要です。

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                土木工学専攻               修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成