授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 応用水理学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

山本吉道 教授

授業の目標
 水理学は、治水対策・利水対策を考える上で要(かなめ)となる学問でありま
す。したがって、土木工学を専攻する学生に是非とも習熟してもらわなければなら
ない重要な科目のひとつであります。
 応用水理学特論では、最も基本となる連続の式と運動方程式(運動量とエネルギ
ー保存則も含む)、さらに複素速度ポテンシャル理論を偏微分演算で学習します。
 次に、学部で習った水理学の復習と応用として、管水路および開水路の流れにお
ける質量保存則,運動量保存則,エネルギー保存則と損失に関する問題について、
輪講形式で数多く演習することにより、水理学に関わる諸問題を解決できる能力を
身につけてもらうことを授業目標としております。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 応用水理学特論は、土木工学の三大基礎科目の一つである水理学の復習と発展的授業
であります。就職試験に対しても極めて有益な科目であるから、水工系以外の専門を選
択した学生にも是非とも受講して欲しい科目のひとつです。当然、授業の進捗に合わせ
て、学部講義の復習をして下さい。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                土木工学専攻               修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成