授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 上水道工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

担当教員未定



授業の目標
 上水道はわれわれの生活を支え、公衆衛生を改善する最も主要な社会基盤施設で
す。水道の使命は安全な水を豊富に安く供給することにありますが、今日、環境汚
染の進行をはじめとする社会条件の変化は、その使命すら危うくしかねない状況に
あります。
 本講義の目標は水道システムを理解し、その上で水質変換技術を修得することで
す。ヒトの健康に影響を及ぼすような物質が水道原水中にどのように存在するの
か、それらの汚染物質を確実に除去するためにはどのような技術が使えるのか、ま
た、何が問題なのか、従来の技術のみならず最新の浄水処理技術について学ぶこと
を目標としています。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 「水環境学特論」、「上水道工学特論」、「下水道工学特論」は互いに関連する知識
が多い。したがって、この3講義を受講することを奨めます。また、学部の関連する講
義(水環境計画、上下水道工学)が受講済みであることが望ましい。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                土木工学専攻               修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成