授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ロボット工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

山本 佳男 教授

授業の目標
 ロボット工学は非常に幅の広い学問であり,機構学や動力学,制御をはじめ,要素
(アクチュエータ,センサ),言語,視覚,人工知能などの分野も含まれる.そのなか
で最も重要かつ体系化されているのが,運動学と動力学であり,本授業はその2点を中
心に構成される.運動学・動力学いずれもロボット工学のみに限定される分野ではない
が,本授業では,ロボット工学に必要な数学や力学の基礎知識の見直しに始まり,ロ
ボット工学において頻繁に用いられる導出法や解法を多数紹介する.これらはいずれも
ロボット工学の研究に携わる者にとって,取り組むロボットの形態によらず必要不可欠
な知識である.

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 ロボット工学は,線形代数,微分方程式,工業力学など比較的学部の低学年次に学ん
だ知識を多用する学問である.講義の冒頭において,必要な基礎知識の復習は行うが,
数時間で網羅することは不可能である.したがって受講生は,講義の進行に伴い随時関
連する基礎事項の見直しを行い,講義内容の十分な理解を心掛けてほしい.

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                機械工学専攻               修士課程 選択
工学研究科                航空宇宙学専攻              修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成