授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 画像解析特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

虎谷 充浩 教授
授業の目標
  本講義は画像解析の対象となるディジタル画像データについての講義である. 1.
まず,ディジタル画像について述べた後,画像処理が直接対象とするディジタル画像デ
ータを得るための,標本化や量子化などを中心とした画像のディジタル化について述
べ, 2.次いで,合成開口レーダや計算機トモグラフィーなど,画像にならないデー
タの原理を説明するとともに,これらのデータから画像を再構成するための画像再生処
理手法の講義を行い, 3.さらに,歪みやボケなどで劣化した画像を改善するための
逆フィルタやウィーナフィルタなどの画像復元の処理手法について説明する. 4.ま
た,これらの内容を理解させるため,画質や,平均,分散,正規分布などの基本的な統
計量,平均ベクトル,分散・共分散行列などの多変量に対する統計量および多変量解析
について述べるとともに,画像再生や画像復元の基礎となるフーリエ変換,カルーネ
ン・レーベ変換などの直交変換についても講義する.
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

  内容を理解するためには,統計理論の基礎,およびフーリエ変換などの数学的基礎が
要求されるため,これらの分野について復習しておく必要がある.
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                光工学専攻                修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成