授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 衛星工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

島田政信客員教授、村上浩客員准教授、久保田拓志客員准教授
授業の目標
この講義では,リモートセンシングセンサの重要なプラットフォームである人工衛星の
軌道,位置および姿勢の決定方法、また人工衛星のインフラストラクチャである衛星バ
スや衛星-地上系システムについて基礎的な知識の習得を目標とします。
特に地球観測衛星の軌道情報と姿勢制御の具体的な実例を熊本にある宇宙情報センター
の受信設備を例に説明すると同時に、今後の観測衛星の開発・打ち上げ動向を含め、
様々な問題点について、事例を挙げて検討しながら授業を展開する。
また,本講義で中心となる人工衛星に関する軌道情報などの衛星固有の情報や受信記録シ
ステムでおこなわれるデータ変換処理や幾何補正処理などは、画像解析特論や画像変換特
論、リモートセンシング特論およびセンサ特論、画像処理特論などの授業で展開される衛
星画像を利用した画像処理、画像解析のために必ず必要となる基礎知識となる。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

先修条件は特にないが、観測衛星システム特論を同時に履修することで、理解が深まる。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                光工学専攻                修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成