授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ロケット推進工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

那賀川 一郎 教授
授業の目標
 ロケットエンジンは推進薬の種類や作動流体へのエネルギーの与え方により、液
体エンジン、固体エンジン、ハイブリッドエンジンなどの化学推進ロケットエンジ
ンと電気推進エンジンやレーザー推進エンジンなどの非化学推進エンジンに大別さ
れる。この授業では、化学推進エンジンのみを扱う。最初にロケットエンジンの歴
史および分類について簡単に学習した後、推進原理の理解に必要な熱力学や一次元
気体力学について復習する。その後で固体エンジンと液体エンジンに分けて、基礎
理論、要素技術について述べる。また、近年再び脚光を浴びているラムジェットエ
ンジンの現状と問題点に触れる。最後に、ロケットエンジンの開発に必要な地上試
験の設備、方法等について学習する。この授業により、化学推進ロケットエンジン
およびラムジェットエンジンの基本的な設計ができる知識が身に着くことを目標と
する。 
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 この授業のベースになっているのは熱流体力学であるので、学部で学ぶ熱力学、流体
力学および熱伝達工学の基礎を復習しておくこと、および燃焼工学特論を少なくとも履
修中であることが望ましい。 
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                機械工学専攻               修士課程 選択
工学研究科                航空宇宙学専攻              修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成