授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 関数解析学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

牧野 浩典 准教授
授業の目標
せっかく身につけた数学力であっても長い間使わないでいると、いざ必要な時に即
座には出てこない。本講義は理工系大学院の修士課程において最も必要となる数学
の諸分野を再学習し、受講生全員の基礎学力の向上を図ることが目標である。理工
系の学生が学部1・2年次に学ぶ線形代数・常微分方程式・ベクトル解析・多重積
分(面積分、線積分)・フーリエ展開(級数)・偏微分方程式・確率統計を再学習
し、演習問題を解きながら理解を深めてゆく。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

本授業は履修生の予習を促すために、特別なルールを設けて実施する。このルールにつ
いてはシラバス(詳細)ならびに講義初回において説明するが、毎回十分な予習時間が
割けるよう履修の際には特に注意していただきたい。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                情報理工学専攻              修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成